Publicisations, lettrures scientifiques et évolutions des modes éditoriaux

Abstract : デジタル時代における学術的レトリュール 経済協力開発機構OECD(2000年)によれば、リテラシー(littératie) は「個人的目的を達成し、知識 や能力をひろげるための、生活、家庭、職場や公共団体などにおいて書かれた情報を読解・利用する 能力」であるのに対して、レトリュール(lettrure)は読解と記述の両方を同じ一つの活動とみなすター ムである。 文化的対象の把握を意味するこの二つのターム、すなわち読解・記述の活動としてのレトリュールと、 書かれた情報を読解・利用する能力を示すリテラシーは、700年ほどの歴史によって隔てられている が、読み書きの活動を繰り返すことによって知覚世界の理解に必要な知識が獲得されるものであると 考える限り、同じ一つのプロセスによって結びついている。 デジタル環境においてコミュニケーション装置は、読解と記述の活動を切り離せないものにしてい る。「キーボード」が「ペン」にとって代わり、「ディスプレイ」が「書物」と「白紙」を結合し、ブログなど書 き込み可能のウェッブが提供され、ソーシャルネットワークによって「テクストの仕切り」が交渉され、検 索エンジンが「目次」を整理するようになったとき、我々の認知図と情報・コミュニケーション習慣は大 きく変わっていく。
Complete list of metadatas

Cited literature [3 references]  Display  Hide  Download

https://archivesic.ccsd.cnrs.fr/sic_01438208
Contributor : Gabriel Gallezot <>
Submitted on : Tuesday, January 17, 2017 - 3:20:10 PM
Last modification on : Tuesday, April 23, 2019 - 4:48:09 PM
Long-term archiving on : Tuesday, April 18, 2017 - 3:01:04 PM

File

MGU-GALLEZOT-conf-invit-201609...
Files produced by the author(s)

Licence


Distributed under a Creative Commons Attribution - NonCommercial - NoDerivatives 4.0 International License

Identifiers

Collections

Citation

Gabriel Gallezot. Publicisations, lettrures scientifiques et évolutions des modes éditoriaux. 2016, ⟨10.5281/zenodo.399121⟩. ⟨sic_01438208⟩

Share

Metrics

Record views

577

Files downloads

280